スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッツ虫垂炎

↓ ランキング参加中。。。 ポチッと応援お願いします♪ ↓
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ
遊びにきて頂きありがとうございます。 コメントをもらえると管理人は  ハバネロ  喜びますヨ。
--------------------------------------------------------------------------------------

私、先ごろ急性虫垂炎を経験しました。 ( ̄ー ̄)v ブイ!

せっかくなので?記録に残しておこうかなと思います。

ということで文字が多い上にワンコはほとんど登場しません!

味気ないのでところどころにワンコの写真を入れますがエントリーの内容とは無関係です。



火曜日の夜20時頃

パソコンにむかっていたら・・だるい・・熱っぽい。

会社では風邪が流行っていて何人かゴホンゴホンと咳をしていたので

これはうつったかなぁ・・・と。

右の胃のあたりがチクチク痛むものの通常の腹痛の範囲内。

熱っぽいほうが気になったので今日は早目に寝ようとベッドに入りました。

21時過ぎ。。のこと。

I30-1.jpg


2時間が経過・・・だるい・・・お腹が痛い。

お腹の痛みが右下腹部へ移動。

その上、寝返りを打つと響くように痛みます。

これは何かおかしいぞと感じました。

このとき熱は37度7分。

普段、風邪は100%喉からかかる私。

それなのに今回は咳がまったくでないのもおかしいのです。

このときハッと虫垂炎かも?と閃きました。

さっそくネットで検索。
「急性虫垂炎の症状」で調べると・・・

1.腹痛-痛みは腹の上部で(上腹部)始まり、やがて虫垂のある場所で激しい痛みとなる。
2.上腹部で始まった痛みは腹の右下に移り(典型的な症状)、ここを押えると痛むのが普通。
3.始めのうちは鈍い痛みで、だんだんひどくなる。
4.腹痛は、歩いたり咳をしたりすると増す。
5.悪心と嘔吐
6.数時間で発熱する。
7.腹の筋肉の緊張を弛めるために、仰向けで膝を引き寄せて横になりたがる。

1.○ 最初は胃のあたりが痛かった。
2.○ 下腹部を押すとヂグッと痛い。
3.○ 熱っぽさより腹痛がひどくなったきた。
4.○ 歩くと下腹部にビンビン響く。
5.○ だるさと吐き気あり。
6.○ 微熱だが発熱中。
7.○ 膝を立てていないと眠れない。

ピンポーンッ!!!大当たりです。

あなたはまさに 急性虫垂炎 でしょう!!


I30-2.jpg


う~ん、やっぱり病院に行かないとダメだよなぁ・・・とは思ったものの。  (-_-;)

7月に 救急車のお世話 になっている私。

2ヶ月でまた救急車を呼ぶのもなぁと躊躇しました。

あのときと違って歩けるし動けるのでまずは実家にTEL。

虫垂炎の経験のある母に相談すると、今からすぐ行くから!とタクシーで

駆けつけてくれました。

そのタクシーに乗って夜間診療をやっている都立病院へ。

0時前には病院に到着しました。

はぁぁこれで助かったぁと安心するも・・・

ER診療 「病気の大人の方は1時間半待ちです。」 の掲示。

グエェェー!なんですと!!  ( ̄□ ̄;)

その上、受付係はのんびりとこの書類に症状を記入してくださぁいと抜かします。

待合室の椅子に座って待つこと30分。

こっちは急性虫垂炎なんだ!! (多分) 

椅子しかない待合室で待っていられるかぁ!

もう吐いちゃうぞ! というヤケッパチな気分に。。。

見かねた母が・・・

「虫垂炎のようなんですけど横になれるところはありませんか?」

と看護士さんに相談。

あらあら・・と言われて中待合室のベッドに寝かせてくれました。

立ち去り際の看護士さん。

「すぐに診察しますからねぇ~」と歌うように言っていましたが・・

実際に診察してもらったのは1時15分過ぎ。

I30-3.jpg


横になったせいか吐き気もおさまり、自分でスタスタ歩けるまでに回復しちゃいましたよ!

診察してくれたのは内科医A先生。

私の目から見てもうら若き乙女、研修医かもしれません。

症状を話して触診。

A先生「う~ん、おっしゃるとおり虫垂炎かもしれませんねぇ。」

だからずーーーっと!そう言ってるじゃないかぁぁぁ!!(心の叫び)

A先生「確認のためにレントゲンとCTを撮りましょう。」

ここで採血をし、点滴のラインを入れて生理食塩水を点滴しました。

点滴をカラコロと押しながら歩いて3階のレントゲン室へ。

胸部、腹部のレントゲンの後、腹部のCTを撮りました。

CT初体験でしたが ”造影剤” というものを点滴ラインから入れ撮影。

この薬、体に入った途端にカァーッと熱くなるんです。

これで体の中がキレイに撮れるのだそうです。

変な薬でしたがこれを使って体の外もキレイに撮れたら良いのに・・と思ってみたりしました。←バカ

I30-4.jpg


写真ができあがって1階へ。

看護士さん「検査が終わるまで1時間はかかりますからぁ」とおっしゃいます。

はぁそうですか・・・。

待つこと1時間、3時になりました。

名前を呼ばれて診察室へ。

内科医A先生と耳に何個もピアスをした若い女性の外科医B先生が待っていました。

A先生「やっぱり虫垂炎ですねぇ。」

B先生「もう痛くなくなってきたんですって?」 (不思議そうな顔で。)

私 「はい。痛みも和らいで熱もさがってきた感じです。」

B先生「熱はかってみて。」 (体温計を渡される。)

ピッピッピー。体温計の音。

私 「ほら、38度3分・・・あがってますね、アハッ」

B先生「薬も何も飲まずに痛みが治まるってないんですけど・・」

B先生「薬で炎症を抑える方法と手術がありますが・・どうします?」

私 「手術は入院ですか?」

B先生 (当たり前だろって顔で) 「まぁ日帰りっていうのは無理ですね。」

B先生「3日から最大2週間の入院になります。」

私 「薬にしてください。」

A先生「じゃあ、この抗生剤を点滴して今日は帰っていいですよ。」

A先生「明日・・もう今日ですけど様子を診るので9時頃きてくださいね。」

B先生「薬出しますけど、痛みが強くなったら諦めてください。すぐ手術ですから。」

看護士さん「この点滴は30分で終わりますから、そうしたら帰って良いですよ。」

・・・・点滴は確かに30分で終了・・・・

そのラインを抜いてもらうのにかなり待たされ、会計し薬をもらって病院を出たのは

4時半過ぎでした。

はぁぁ待った待った・・こんなに待たされたらそりゃあ虫垂炎も治るって! ヾ(≧∇≦) 

タクシーで帰宅。

5時ちょっと前に到着。

いつもの起床時間と同じだったので

エマさん   お散歩!お散歩! ダン♪ダン♪ダン♪

ケーラたん  ご飯!ご飯! ギャン!ギャン!ギャン!


と歓迎してくれました。 

ありがとう私の体を気遣ってくれて・・・。 ( ̄▽ ̄;

I30-5.jpg


水曜日の外科予約は10時。

その前に採血があるので9時には病院に行かなければなりません。

虫垂炎の上に朝帰り、そして4時間後にはまた病院ですよ!

休ませてくれよ~というのが本音でした。

8時45分には病院到着。

9時15分に採血終了、10時の外来予約までまた待ち時間です。

外科外来はまたまた女医さんでした。

小柄で茶髪のC先生、こちらもお若い先生です。

C先生「どうですかぁ?良くなってますか?」

私 「痛みは和らいできました。」 (内心ほとんど寝てないしねぇ・・。)

C先生「血液検査の結果ではあんまり数値良くなってないんですよ・・・。」

(当たり前だろ!4時間前に帰って食事もせずに薬だけ飲んでほとんど寝てないのに!)

という思いをオブラートに包んで・・・

私 「そうですか、熱は少しさがったみたいですけどねぇ・・・。」

C先生「どうします。手術にしますか?このまま薬で??」

(まだ数時間しか経過してないのにまた判断させるの~)

という気持ちが顔にでたのでしょうか?

C先生 (入院したくないのは) 「あっ!お子さんがいらっしゃる?」

私 「いえ、犬が2匹。」

C先生「・・・・・・・・・」 (はぁ、回答になってないよ!という顔です。)

なんだかんだと問答があって結局薬を続けることになりました。

はぁやっと寝れる。。。 というのが一番嬉しかったことです。

10時半過ぎに帰宅。

遅い朝食をとって薬を飲みやっと寝ることができました。

頂いたお薬。

注意書きを見ると・・・

効能 : 抗生物質です。

副作用 : 気持ちが悪く手足が冷たくなり、息苦しくなる
ひどい下痢や腹痛、血便、びとい発疹や発熱、むくみ、尿量が減る、
空咳や息切れ、強い倦怠感や白目が黄色くなるなど、胃腸障害など

エーー!!副作用どんだけー!!

ってびっくりのお薬ですよ。

この副作用全部きたら虫垂炎より重症だよ・・・。 ( ̄▽ ̄;

水曜日夜21時頃。

ず・ず・ずずん・・・

やってきました副作用。

激しい下痢さんが襲ってきましたよ~。

もうゲッソリです。 (;´д` )

こんな状態では仕事どころじゃないと翌木曜日もお休みをすることにしました。

翌日は病院もなくやっとゆっくり眠ることができたのでした。

I30-6.jpg




今回の急性虫垂炎を経験して悟ったこと・・・2つ。

その1.急性虫垂炎も待合室であれだけ待たされれば治るって!

その2.アノ寝違えの痛みを10(MAX)としたら急性虫垂炎の痛みなんてくらいだわ!

これでアノ寝違えがどんなに痛かったかわかってもらえます?

by 寝違えでレスキュー隊に救助された女。(爆)


長くなりました。読んでくださった奇特な方に感謝です。 m( _ _ )m
ジャンピングクリックでポチッと応援ヨロシクです。
  

コメントの投稿

非公開コメント

No title

全部読みました~。大変でしたね。
病院って待ち時間が長くてよけい具合悪くなりそうよね。
それでもう痛みはすっかり治まったのかしら?

でも夜間救急でレントゲン&CT撮ってくれる病院ってかなり良心的~。
私なんてこの間急にお腹が痛くなって脂汗流しながらタクシー飛ばして(そんな時に限ってpapaは飲み会・・・汗)病院行ったのに・・・
掛かり付けで貰っている薬を飲んだ事を告げると、「その薬を飲んだのならもう出せる薬はありません」だと(怒)
次の日掛かり付けの病院で「あ~、あそこの病院ね。今良い先生いないんだよね。普通は痛み止めの注射位してくれるんだけどね」だって(汗)

レオンの病院は夜間でも見てくれる所をくまなく調べているのに自分のことに関しては無頓着だったことを感じた一件でした。

No title

ひなたちゃん 最後まで 楽しく みたよ~・・
救急病院の意味ない 病院だね・・夜間は 若い先生が 確かに多そうだ・
私なら いったん 帰って また 病院行く 気力ないよ~・・・頑張ったね ・・(^_-)-☆
 

No title

わ~小説みたいに読みました。
ひなたぼっコさん凄いわ。冷静だわ(^^)
それにしても病院て何でこんなに待たせるのかしらね?
救急車で運ばれていたらもっと早くに診て貰えたかしら?
ところで、ひなたぼっコさんもう身体の方は大丈夫ですか?
エマちゃんとケーラたんの為にもまだ無茶は厳禁ですよ(^.^)

No title

夜の救急って特に看護婦さんも 無愛想ですよね~。
モロに嫌な顔されたことありますよ。
でもひなたぼっコさん実家のお母さんが付き添ってくださってよかったですよね~。
激痛になって行ったら 1人じゃ辛いですよ・・・。
こういう時にありがたいな~って思いますよね~。
「犬が2匹」って立派な入院できない理由よ~!!
2週間もどうするのよ!!ですよね~。
ワン達 お散歩&ご飯の催促・・・分かりますよ~~。
悲しいけど病気はワンコに通用しない(汗)ですよね・・。完全復活までは まだかかるかもしれませんから・・お大事にして下さいね♪

No title

お仕事でPC開けない間に大変な事になっていてビックリ!!
そんな状態なのにブログにコメントカキカキしてくれたのね・・・・(/□≦、)くぅ~!
ありがと~!!涙が出ちゃう・・・(T-T )
もう大丈夫?心配よぉ~!

下痢さんもかなり体力消耗するものね。
下痢といえば、上のコの妊娠中「この下痢の痛みより痛い陣痛なんてありえねーーーっ!!」
と、小1時間程おトイレにこもった事を思い出したわよ。

最後に・・・・
ひなたぼっコさんの体を気遣ってくれるエマ嬢&ケーラ嬢にv-406v-406
少しはママさんを休ませたげて・・・(/ー ̄;)

No title

ごめんなさい~大変な記録なのに
最後で笑ってしまいましたよ^^;
寝違えの事件も思い出しました!
短い期間にいっぱい経験しちゃったのね・・・
でも、病院も配慮が足らないねv-412
9時に再診があるなら点滴打ったあと
『寝ていったほうが楽ですよ』くらい言わなきゃ!
先生なんだよ!と思っちゃいましたよ!

No title

大変だったのね~
私の場合は痛みはそれほどでもなかったんだ
実際手術の時なんて自分で運転して言って
「盲腸だと思います。薬で散らしてください」ってお願いしたら
「あなた一人出来たの??」って
「すぐに親呼んで下さい。即手術です」って
結局親間に合わずに近くに住む叔母のサインで
手術goでした

今日の日記はこれから虫垂炎になる方の良きアドバイスになりますね(*^_^*)

No title

4時間後に病院て・・・
寝てないんだから数値がどうのとか・・・ェ?ってかんじだけど。
とにかく大事にならずに済んでよかったわ!
寝違えの激痛はたまらないよね・・・
私も経験済み(笑)
レスキュー呼ぶ気持ちがわかるんだ。うん。(o´艸`)
しっかし・・・
ワンコは悪くないけどこういう時って辛いよね・・・
辛すぎて涙が出そうになりました・・・( p_q)

No title

うわ~、時間の経過がリアルだわ~
私も原因不明の腹痛で何度となく病院送りになってるから
痛い時に待たされるあのなんとも言えない気持ち思い出しちゃいましたよ・・・
夜間救急のスタッフも大変なんだけどね・・・
(ちなみに担ぎ込まれたであろう病院は
2年ほど前にうちの妹が勤めていた病院かと・・・(汗))

それはそうと、冷静でしたね
今はネットでいろんなことが調べられるからある程度覚悟をして診察に臨めますよね
副作用は情報提供がうるさいからいろんな情報を書いてあるけど
副作用のない薬はないからねぇ・・・なにが良いのやら・・・
早く不安のない生活に戻れることを祈っていますね☆

エマちゃん、ケーラちゃん、ママは大変だったのよ~
手術を回避しちゃったママを大切にしてあげてね~☆

◆◇お返事◇◆

たくさんのコメントありがとうございます。 ☆m( _ _ )m☆

★leonmamaさん
だらだらと長い文章を読んで頂いてありがとうございます。
体調は日曜日くらいからほぼ復活。
でも・・チクッとお腹が痛むとすわ!再発!!?ってドキドキして心臓にも悪い感じです。(汗)

そうなんですよ、時間はすごくかかりましたが親切丁寧な病院ではありました。
でも体調が悪いときはとにかく早く帰りたい!そこんとこもう少し理解して欲しいですよね。

leonmamaさんひどい病院にかかっちゃったんですね。
私の寝違えのときの病院のようだわ!
こっちは真剣なのに・・「何大げさなこと言ってるの!」みたいな態度されたりして。
大事じゃなくて良かったですね。

★そよかぜちゃんさん
もう・・言うがままですよ。
来いって言われたら行くしかないですもんね。
医療設備の整った大きな病院で先生も看護士さんも人数少ない中、笑顔で対応はしてくれたんですよ。
ここはまぁまぁ良い病院なのだと思います。

★kiyokoさん
今回は長くなりましたからね・・読んで頂いてありがとうございます。
前編、後編に分けようか?ってチラッと思いましたけど・・2日続けて虫垂炎はどうよって思って一気に書きました。
今回冷静でいられたのは前回のレスキュー隊騒ぎのおかげですね。
体が動くうちにベランダの鍵を開けて・・携帯はずっと手に持って・・・また1歩も動けなくなっても大丈夫なようにって行動しましたから。
一人暮らしですからこういうときの最後の頼りは自分だけですもんね。

救急車で運ばれても同じ扱いだそうですよ。
私の隣のベッドの方は夜7時に救急車できて0時の時点でまだいましたからね。
血でも流してない限りはみんなみんな待たされるみたいです。

★かいままさん
今回の病院は忙しく人数がいないながらもお医者さん、看護士さんともに笑顔で親切でした。
ただ・・待たされる。
救急車で運ばれたときの病院は誰もかれもが無愛想で不親切で強引で・・人が死ぬほど痛いって言ってるのに、さぁ起きて!って無理やりベッドから引き起こそうとしたり・・ほんと最悪でしたよ。
どこも人員不足なんでしょうけど、笑顔なくしたらもっと心に余裕がなくなる気がしますよ。

母はなんだか膝を痛めたとか言って足引き摺っていたんですよ。
看護士さんがCT撮りに行く私に「車椅子を使って付き添いの方に押してもらいます?」って言ってくれたんですが、母のほうが車椅子がいる感じだったので自分で歩きました。
まぁ4時半まで付き合って待っていてくれたのはありがたかったですけど・・どうやら待合室で寝ていたようです。

★りおんさん
大丈夫ですよ~。
ブログにコメントしたときは自宅療養中で寝すぎで眠れなかった状態です。
あまりパソコンに向かうのは良くないなと思いつつヒマだったのでちょこちょこっとね。
今はもうだいぶ回復してきました。
あと数日はお薬飲みますけどね。

咳や下痢も激しいものはものすごくツライですよね。
陣痛より痛い下痢・・・凄すぎますね・・・。 ( ̄▽ ̄;

★カンナ号さん
いえいえ笑ってもらって何ぼですから!
自分で記録と言って書きながらもオチはね、ちゃんと考えていたんですよ。(笑)

病院にとっては1患者に過ぎませんからね・・予約いっぱいの中に無理にねじこんでくれたみたいので良心的ではあるんですよ。
今回素人判断でたまたまどんぴしゃ虫垂炎でしたが・・別の病気だってずーっと待たされるのは同じなんだなって思うとちょっぴり怖くなりました。

★haruさん
今回は3人の外科医に診てもらったんですが、最後の男の先生のみ
「次回は何がなんでも手術ってわけじゃないですよ。様子みてです。」と言ってくれました。
女医さん2人は顔に”・・早く切りたい・・”って書いてありましたよって言ったら「あっ外科医ってどうせ再発するんだからそれなら先に切っちゃえばいいじゃん!って思うんですよ。」とのことです。
でもね・・即入院!っていうのはどんな場合でも困るんですよ。。

こんなんで・・誰かの役に立ちますかね?(笑)

★ねずねずさん
4時間後に病院に行ったときは白血球の値が最初より悪かったくらいですよ!
そりゃそうだ・・何ひとつ良くなる要素ないんだから。。
それでも値が悪いから即手術!と言われなかっただけ良かったのかもしれないです。

急性虫垂炎も寝違えも何の予兆もなく突然やってくる困りものですよね。
レスキュー隊呼ぶときはせめてチェーンだけ開けておくと家屋が傷つかなくて済みますよ。(爆)

ワン達は朝帰ってきたときには普通に騒いでましたけど・・私が夜間の病院に行くときには何か変だ?って感じていたみたいです。
いつも寝ている時間なのにそわそわしてクンクン鳴いてましたから。。。
私に何かあったらワン達の運命も変わるので責任重大だなぁって今回改めて思いましたよ。
やっぱね健康でいないとダメですよね。

★ぱらちゃん
あら妹さんが勤めていた病院ですか?
救急車で運ばれたときの病院と今回の病院違うんですけど・・今回の病院のほうがでっかいビルのハイテク病院なんですよ。
人が少ないながらも看護士さんは笑顔で親切でした。
待たされるのはしょうがないけど・・体調悪いときはやっぱりツライですよね。

7月、9月ともに急に体調が悪くなったので・・予想外というか・・朝5時台にお散歩の健康生活はまったく効果なかったっていうか・・複雑ですよ。(笑)
こういう突発的なことはもう起きて欲しくないなぁと思います。
だからってどうすればいいってことがないのが難しいところですよね・・やっぱり神頼み??

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ひなコ

Author:ひなコ
「戌年だものワンコを飼おう!」

わずか10日後…
生後1ヶ月半のパピヨンを迎えた私。
東京在住。はじめて室内で小型犬と暮らす日々の日記です。

戌年なワンコ

born in 2006
9月15日生まれ
パピヨン ♀ エマ
愛称 : エマすけ、エマきち
Emma

亥年なワンコ

born in 2007
6月3日生まれ
パピヨン ♀ ケーラ
愛称 : アホ毛(愛を込めて)
Kayla

カメラとレンズ

**Camera
digital single-lens reflex
+ Nikon D90
compact digital
+ FUJIFILM FinePix A500

**Lens
+ Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D
+ SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO /HSM
+ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
+ Nikon AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード
QR
Ranking
ランキングに参加中です。
一日ワンッ クリック有効!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

人気blogランキングへ
最近の記事+コメント
◇◇Link◇◇


□ Shop Link □
優しいタッチのペット肖像画、色鉛筆画のお店。ペット限定の絵画教室も開催しています。 Momoji-yaさんへ
ブログ内検索


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。